生活

【仕事用】Apple Pencil(Apple)とM-Pen lite(HUAWEI)を比較して購入を検討してみた!

こんにちは、Py10Ry(ピロリ)です。

今回、仕事用(+ブログ用)として、Apple Pencil(Apple)とM-Pen lite(HUAWEI)の購入を検討しました。

その過程を紹介したいと思います。

【結論】Apple Pencil(Apple)を購入する事にした!

先に結論ですが、私は「Apple Pencil(Apple)」を購入する事にしました!

「M-Pen lite(HUAWEI)」は良かったのですが、利用できるタブレットとそれぞれのペンの性能を総合的に判断して購入は見送りました。

【目的】メインは仕事用!サブでブログ用!

私の利用目的は2つです。

  1. 仕事用(写真メモ、タスク管理、スケジュール管理)
  2. ブログ用(ネタ帳、メモ)

特に、9月に出張が多く忙しい部署に異動したこともあり、下記の3つは絶対に外せません。

  • 撮影した写真にメモをしたい
  • いつでもメモを見返すようにしたい
  • 今まで以上にタスク管理をしっかりやりたい

そこで調べていった上で知ったのは、「Apple Pencil(Apple)」と「M-Pen lite(HUAWEI)」です。

【比較】「Apple Pencil(Apple)」と「M-Pen lite(HUAWEI)」の比較!

「Apple Pencil(Apple)」と「M-Pen lite(HUAWEI)」を比較してみた結果、「M-Pen lite」のデメリットがあまりにも大きすぎ事がわかりました。

メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

【メリット】「Apple Pencil(Apple)」と「M-Pen lite(HUAWEI)」共に性能は良い

正直、「Apple Pencil(Apple)」と「M-Pen lite(HUAWEI)」共に性能は非常に良いようです。

私が感じた唯一の違いは、「Apple Pencil(Apple)」は充電式で「M-Pen lite(HUAWEI)」は電池式である事です。

【デメリット】「M-Pen lite(HUAWEI)」が利用できるタブレットがイマイチ…

この理由が致命的で「M-Pen lite(HUAWEI)」をやめた理由です。

「M-Pen lite(HUAWEI)」はMediaPad M5 ProやMediaPad M5 Liteに対応しています。

ただそれらのタブレットにメモを書くときに、ペン先よりも先に手を着けてしまうと、画面が反応してしまい一気に書きづらくなるようです。

参考動画は↓となります。

また「M-Pen lite(HUAWEI)」は「Apple Pencil(Apple)」と比べて、反応速度が遅いのも気になりました。

【まとめ】「Apple Pencil(Apple)」で決定!

元々、「Apple Pencil(Apple)」は良いという評価を聞いていたので安心して購入する事にしました。

ただ2019年12月現在、「Apple Pencil(Apple)」は「第一世代」か「第二世代」の2種類あります。

次回、「Apple Pencil(Apple)」の「第一世代」か「第二世代」のどちらを購入するかを検討してみようと思います。

ではでは。

Py10Ry

こちらの記事もおすすめ!