生活

家事で喧嘩はやめて!「見える化」と「ルール化」で夫婦円満に!

こんにちは、Py10Ry(ピロリ)です。

ある日の新婚生活で起きた出来事を書きます。

妻に「家事を全然やらないよね」と言われる

新婚生活1か月後のある日、妻(yahyah)が泣きそうな顔をしながら訴えてきました。

yahyah
yahyah
…家事を全然やらないよね。何でやらないの?
Py10Ry
Py10Ry
…えぇぇぇええ!!??やってる方だと思ってたけど…
yahyah
yahyah
そんなのやってる内に入らないよ!(´;ω;`)

なぜ「家事をやらない」と言われたか考えてみた

正直「家事をやらない」と言われたときに困惑しました。

なぜなら、自分では家事をやっているつもりだったからです。

とにかく、なぜ「家事をやらない」と言われたのか自分なりに考えてみました。

原因①:お互いに「家事」の定義が違う

私は妻と一緒に住むまで実家暮らしで、1人暮らしを経験したことがありませんでした。

一方の妻は、もう10年程1人暮らしをしている「家事」のベテランです。

こんな二人の会話を振り返り、妻の「家事」と私の「家事」の定義が違うことに気が付きました。

具体的には、妻の「家事」は生活する上での全てこと、私の「家事」は皿洗いや風呂掃除ぐらいで、正直「家事」を理解していませんでした。「家事」の定義ですれ違いが生じていたのです。

原因②:少しやっただけで自己満足していた

完全な1人暮らしをしていないので、自分ができる家事を少しやっただけで満足していました。

それでやったと思ってたら、妻もたまらないですよね…

原因③:やっぱりめんどくさい

やはり「家事=めんどくさい」と言うイメージが強かったです。

新婚当初は今まで親がやってくれていたことを自分でやるのがめんどうでした。

(クソ野郎ですいません…)

ましてや妻の洗濯物を畳んだり、人のことまでやるなんて、言うまでもありません。

解決するために試した事

原因は自分なりに理解をしたので、同じ過ちを繰り返さないように2つの事を試してみました。

解決策①:家事の「見える化」

真っ先に試したのが、家事の見える化です。

具体的にはこんな紙を作りました!

紙を「朝」「夕」「その他」と区切り、その時間帯に発生する家事を書き出しました。

書き出すポイントは、

  1. とにかく小さなことでも書いておくこと(例えば、朝起きたらカーテンを開けるなど!)
  2. 妻と一緒に書き出すこと(1人だけだと漏れや認識が異なる場合があるので)

書き終えたら、お互いが毎日見るところに貼りましょう。

そして、毎日記載項目をやった方がマグネットを置いていきます。

※青色はPy10Ry、赤色は妻です

冷蔵庫はおすすめです!

解決策②:考えるすきを与えない「ルール化」

とにかく何でも「ルール化」して、何も考えずに家事をする仕組みを作りました。

例えば、当初は風呂掃除をお互いに押し付けあってましたが、我が家では「最後に風呂に入った人は洗ってから出てくる」とルールを決めました。

こうすることで「誰がやるの?」とお互いに考えるストレスから解放されました!

注意すべきなのは、「俺は何をすればいいの?」という消極的な姿勢ではなく、「俺はこれやるよ!」と主体性を持つことです。家事というボールはお互いが分け合って持つべきである、(妻から貰うものではない)との意識を忘れてはいけません!

解決策③:忙しい夫婦の味方「家事代行サービス」<2019年3月追記>

ここ最近、「家事代行サービス」を行う企業も増えており、以前ほど利用するにあたってハードルが低くなったと思います。

まだ私たちは利用する予定はないですが、子供が生まれて家事にまで手間をかけられなくなったら、利用してみるのもありかなと思っています!

気付いた事

見える化の重要性

まず書き出した時に、家事ってこんなにたくさんあるのか!と感じました。

見える化をして家事の全容を把握するのはとても大きな意味があったと思います。

私が会社から帰ってきて大量の妻のマグネットが置かれているのを見ると、知らないところで色々やってくれてたんだなと気付いて感謝するようになりました!

また自分も意識的にやらなきゃ!と思いますし、やった分だけ正当に評価されるのはお互いに良いことだと思います。

ルール化によるストレスフリー

何と言ってもルール化によって無駄な押し付けあいがなくなっただけでも、気持ちが非常に楽です!

また、私はいきなり予定が変わるのが嫌いな性格なのですが、ルール化を行うことによって、家事も含めてお互いが自分のスケジュールを組むことが出来ます。

例えばルール化の前は、12時から漫画を読もうと思ったのに、数分前に家事やってよと言われる…。そんなこともありました。いやいやながら予定を変える時もありました。

ですがルール化してお互いの家事が明確になってからは、「風呂に入って掃除して漫画読もう」と家事も含めて事前に予定が組めるので、急な予定変更がなくなったのです。

まとめ

色々試して思ったことは、結局自分が家事をやったつもりでいただけで全然できてなかったってことです。分かったとき、反省しました…

ただ今は、紹介した方法でお互いに助け合いながら生活できています!

家事は生活する上で非常に重要な事です!

是非、夫婦で試行錯誤しながら試してみて下さい!

夫婦でお風呂に入るだけで円満になるメリットがたくさん!1回試して入ってみよう!こんにちは、Py10Ry(ピロリ)です。 夫婦で一緒にお風呂に入ることで、たくさんのメリットがあるためまとめたいと...

Py10Ry

こちらの記事もおすすめ!