旅行用ボードゲーム

相手の心理を読み切ってポイントをゲット!数字バトル「ハゲタカのえじき」

こんにちは、ボードゲーム大好きなPy10Ry(ピロリ)です。

今まで旅行に持って行きたいお手軽なボードゲームを中心に紹介してきましたが、今回は初めて心理戦色の強いボードゲームを紹介しようと思います。

 

今回のボードゲームは「だまし合い」と言うよりは「読み合い」の心理戦となっています。

読み切って自分の思い通りに進んだときは最高に気持ちいいです(笑)

そんなボードゲームの名前は「ハゲタカのえじき」です!

「ハゲタカのえじき」とは?(概要)

名前は怖いですが、可愛らしいイラストで描かれています!

元々海外版がハゲタカの餌となるネズミが書かれていた為、このような名前ですが、今は全く片鱗もありませんので、正直違和感を感じているほどです(笑)

このボードゲームはプレイヤーがいればいるほど面白いになっています!

対象年齢:8歳~
人数  :2人~6人
時間  :15分

勝利条件とルール説明

早速、説明したいと思います。

勝利条件

ポイントを一番多く獲得した人の勝利となります。

カードの説明

ポイントカードは-1~-5と1~10までの15枚です。

これらのポイントを誰よりも多く集める事が目的です。

 

次に各プレイヤ―に配られるカードは同じで、1~15の番号が書いてあるカードとなります。

プレイヤーによって色は違いますが、数字の色は緑や青やピンクなどがあります。

簡単ルール説明

①各プレイヤーに手札15枚を配り、ポイントカードをよく混ぜ裏にして真ん中に設置し、一枚をめくります。

②各プレイヤーは手札から1枚カードを選び、「いっせーのせ」の掛け声で一斉に表して出します。

③真ん中においたポイントカードの数がプラスかマイナスかにより、誰が勝者もしくは敗者になるかが変わります。

(1)ポイントがプラスの場合(1~10)


手札から出したカードの数字が1番大きい人が勝者となり、ポイントを獲得することができます。

(2)ポイントがマイナスの場合(-1~-5)


手札から出したカードの数字が1番小さい人が敗者となり、ポイントを引き取らないといけません。

上の写真の例でいうとポイントカードは「7」でプラスですので(1)が適用され、「いっせーのせ」で出したカードの中で、1番大きな数字の人が「7」のポイントカードを獲得します。

 

《注意点》
・仮に場に出した数字が誰かとかぶってしまった場合、その数字は無効になります。
(例えば、10のポイントカードで「15」「15」「1」が場に出た場合、「15」はかぶっているので「1」を出したプレイヤーが勝利となります。ポイントがマイナスの時も同様です。)

・勝負がつかなかった場合(全員同じ数字を出した等)、ポイントカードは次の勝負に持ち越され、次のゲームの勝者または敗者がまとめてポイントカードを獲得します。

 

③勝負が終わったら、手札から出したカードはもう使えないので裏にして脇に置いておきましょう。誰が何の手札を使ったのか分からなくするのがゲームを盛り上げるポイントです!

④ポイントカードを1枚めくり、②に戻ります。
(全てのポイントカードをめくり終えるまで、15回繰り返します。)

ルール説明動画

ルール説明動画も分かり易いので、こちらをご覧ください。

「ハゲタカのえじき」をやってみた感想

「ハゲタカのえじき」の1番白熱するポイントは、数字が誰かとかぶってしまうと無効になるというルールです(笑)

だからこそ、他のプレイヤーが出さないような数字をいかに出せるかが勝負の分かれ目となります。

そのため、似たような心理を持っている人がいると、かなり慎重にやらざるをえません!

Py10Ry
Py10Ry
彼はこういう場面は強気で大きい数字で来る可能性が高いから、逆に少し低い数字を出そう…でも、さっき大きい数字を使ってたよな…

とか言うような読み合いが始まるわけです!

各プレイヤ―がどのカードを使ったか記憶し、手札に何が残っているのか把握するのも勝利のコツになります。

読みが当たったときの爽快感は最高ですよ!

まとめ

心理戦と言いながらも記憶力もポイントとなる頭脳戦でもあるので、非常に盛り上がるボードゲームです!

個人的にはお酒を飲みながらほろ酔い気分でやると、より白熱すると思います。

是非、家族や友人とやってみてください!

記憶力と運が試される!10分で勝負が決まる「大きさ比べ(Fuchs&Feting)」皆さんこんにちは、ボードゲーム大好きなPy10Ry(ピロリ)です。 今回は旅行にも持っていける手軽なボードゲームを紹介したいと思い...

Py10Ry

こちらの記事もおすすめ!